HOME>イチオシ情報>専門学校でアニメーション制作について学ぼう

アニメーション制作を専門学校で学ぶ場合にかかる費用

アニメーションの専門学校は2年制になっているところが多いです。1年次の学費は入学金・授業料・設備費などがあり、100~150万円程度かかります。2年次は授業料・設備費となり、約70~120万円必要です。

アニメーション制作の専門学校を選ぶ時のポイント

学費が無理なく払えるところ

卒業まで通い続けるためには、授業などの学費が無理なく支払える専門学校を選ぶことです。

立地も重要ポイントです

アニメ系専門学校は2年制が多いですが、しっかり通えるためにも立地も重視しましょう。

設備などをチェックしよう

アニメーション制作では様々な道具を必要としますが、設備が充実しているところの方が様々な技術が学べます。

学校の知名度も確認しておく

大手の専門学校には業界とのつながりがあるので、優秀な学生ならば進路選びで有利になるかもしれません。

卒業生の進路をチェックする

専門学校のホームページなどで、OBやOGの進路をチェックします。就職先の傾向を調べてみると、卒業後の進路の参考となります。

将来的な希望を実現するための教育の大切さ

女の子イラスト

アニメというのは以前であれば子供が楽しむ媒体という印象が強かったのですが、現在は多くの世代の視聴に対応する作品が多く提供されるようになり、その人気はとても高くなっています。アニメは強い興味を持つと自分でも製作に関与したいと考える場合があり、実際に職業に選択して就職する際に利用されているのが専門学校になり、現役に職業で働いている人はほとんどが専門学校の卒業生です。他の職種であれば実際に仕事を行いながら経験を積むという場合がありますが、アニメではそこまでの人材育成ができない環境にあるため、仕事にするのであれば専門学校で最低限の知識や経験が必要になります。

卒業後の進路を事前に調べてから選択する

イラスト

アニメの専門学校では全てが一律の教育を行っているわけではなく、その学校によって独自のカリキュラムで生徒を指導しているため、卒業後の職場が限定される場合があります。現在のアニメ制作の主流は分業制が多くなっていて、制作会社が求める人材も個別の技術を持っている人を対象にしていて、専門学校で受ける教育内容で進路が決定される傾向が強いと言えるでしょう。また専門学校は既存のアニメ制作会社とタイアップしているケースもあり、そのような場合は卒業後の就職が有利になりますが、本人が希望するところとは限らない場合もあります。このような情報は入学前に知ることができるのでいいのですが、何も知らないで入学してしまうと希望する進路の違いから挫折してしまう可能性もあるでしょう。アニメ制作会社はとても多くなっているので、どのような内容を作るところに行きたいのか考えてから専門学校を選ぶようにしてください。

広告募集中